ホーム > シゴト > 埼玉県 秩父エリアに『TENJIKU小鹿野』がオープン! 東京から2時間、自然豊かな町で暮らすような旅を

募集中

募集終了まで 148

埼玉県 秩父エリアに『TENJIKU小鹿野』がオープン! 東京から2時間、自然豊かな町で暮らすような旅を

※今後のコロナウイルスの感染状況によっては、急遽ご利用不可となる可能性がありますこと、あらかじめご了承くださいませ。

秩父の山々、名水、四季の花々。豊かな自然に囲まれた小鹿野町(おがのまち)は、埼玉県最西部の秩父エリアに属する人口約11,000人のまちです。

自然公園や名瀑「丸神の滝」、氷柱が視界一面に広がる冬の風物詩「尾ノ内氷柱」など、町内には地形や自然環境を活かした名所が点在しています。また、200年以上つづく「地歌舞伎」をはじめとした独自の文化が今なお残り、東京から約2時間で行ける “自然と文化の宝庫” として、いま注目を集めている地域です。

町内に鉄道は通っておらず、都心からのアクセスは車または電車&バスで2時間ほど。

そんな小鹿野町に、旅人が地域と関わりながら無料で滞在できる拠点『TENJIKU小鹿野』が誕生しました! 新しい「旅 × シゴト」体験を通してこの地に滞在しつつ、あなたに合ったワーク & ライフスタイルを実践してみませんか?

『TENJIKU小鹿野』でディープな滞在を楽しもう!

『TENJIKU(テンジク)』とは、旅人が「地域の簡単なお手伝い(=サゴジョブ)」をすることによって無料で宿泊(2泊〜)できる、旅好きのための拠点です。

サゴジョブは1日あたり2〜4時間と、旅の自由な時間もしっかり確保。「旅行者・お客さん」ではなく、地域の方々と同じ目線(=まちの一員)として滞在するような、ディープで新しい旅体験をお届けしています!

▷ TENJIKUについて詳しくはこちら

『TENJIKU小鹿野』においては、無料宿泊+地域お手伝い体験に加えて、「3,000円」のリターンが発生するサゴジョブもあります!(下記参照)

外観はシンプル。移住体験者のお試し住居としても使用されています。

『TENJIKU小鹿野』として利用できるのは、町営住宅を改装した一軒家です。町の中心にあり、コンビニまで徒歩で約5分、スーパーまで車で5分とアクセスは抜群。まさにこの地に暮らすような旅を体験することができます。

広々としたリビングには、机・イス・テレビがあり、我が家にいるようにくつろげます。

リビングのとなりには6畳の和室も。

『TENJIKU小鹿野』の設備

家電製品
冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、トースター、洗濯機、掃除機、ドライヤー、エアコン

食器(各5組ずつ)
皿、お茶碗、汁椀、コップ、箸、ナイフ、フォーク、スプーン(大・小)

各種調理器具、掃除用具あり

その他
スリッパ、ティシュペーパー、洋服用ハンガー、ハンドソープ、懐中電灯、応急セット、洗濯カゴ、洗濯ハンガー など

駐車場/自転車
駐車場 1台分(2台以上になる場合はご相談ください)
自転車の貸し出しあり

※ その他設備の詳細はこちらをご覧ください
※ 食材、調味料、シャンプー、歯磨き粉、洗顔クリーム、ボディーソープ等のご用意はありません。ご自身にてご用意ください。

『TENJIKU小鹿野』には1組8名まで滞在できます。ぜひご家族やご友人と一緒にご利用ください!現地では、案内人の南さん・山岸さん、工藤さんら地域の方々が、あなたの滞在をサポートします。

写真左が南さん、右が山岸さん。

工藤さん(写真真ん中)はモスクワ生まれで4歳から会津で育ち、東京での生活を経て小鹿野町へ。地域おこし協力隊制度などを利用して、ご自身の夢ややりたいことを実現する風土が小鹿野町にはできつつあります。

小鹿野町 お試し住宅  (TENJIKU小鹿野)
■ 住所:埼玉県秩父郡小鹿野町飯田598-1
■ HP:https://www.town.ogano.lg.jp/kurashi-tetsuzuki/ijyushien/otameshijyutaku/
■ アクセス:池袋から西武鉄道の特急で西武秩父駅まで約80分。西武秩父駅から西武観光バスに乗り継ぎ、最寄りのバス停『小鹿野車庫』(栗尾行きの場合)または『滝原団地前』(小鹿野車庫行きの場合)までおよそ45分。『小鹿野車庫』からお試し住宅まで徒歩15分。『滝原団地前』から徒歩2分。

醍醐味は、まちと深くつながれる “お手伝い体験”

『TENJIKU小鹿野』に滞在する旅人には、同時に簡単な地域のお手伝い(=サゴジョブ)に取り組んでいただきます。

サゴジョブは滞在当日に、案内人より詳しくご説明させていただきます。適宜さまざまな依頼が発生することがありますが、楽しみながら無理なく実施できそうな内容にご協力いただくイメージです。

サゴジョブ① 地域おこし協力隊や地域住民のお手伝い

関東地方最大級の面積を誇るダリア園。350種類、5,000株のダリアが咲き誇る。9月下旬〜10月上旬が見頃。

小鹿野には地域おこし協力隊の方や卒業後に事業を起こして活躍されている方が数多くいらっしゃいます。農業に関するお手伝いをメインに、地域おこし協力隊の方達の商品や活動などのPRなどのお手伝いに力をお貸しください!また、協力隊の方だけでなく、地域住民のお手伝いをお願いすることもあります。

まちの方々と出会い、コミュニケーションをとりながら、小鹿野の歴史や文化、暮らしについてぜひ知ってみてください。

サゴジョブ② 小鹿野の魅力をPR(SNS・ブログなど)

滞在中にあなたが見つけた「小鹿野町の魅力」を、写真や文章でたくさん発信してください! SNSやブログなど、あなたが得意な方法で構いません。人・まち・文化・自然はもちろん、地元の人も気づいていない小鹿野の新しい魅力を発見し、PRしてくれませんか?

小鹿野歌舞伎の創始はおよそ220年前。初代 坂東彦五郎が江戸歌舞伎をこの地に伝えたのが始まり。現在も地元の皆さんで役者や裏方をつとめている。

TENJIKU小鹿野 リモートワーク応援キャンペーン!

『TENJIKU小鹿野』ご利用の方はコワーキングスペースを無料でモニター利用いただけます!(通常利用の場合、1時間 300円 / 半日 1,000円)

『TENJIKU小鹿野』から自転車で10分ほどのところにある『みどりの村』内にはコワーキングスペースがあります。『みどりの村』はもともと豊かな自然とふれあう中で農業や林業の理解を深め、健康の増進を図ることを目的につくられた施設。施設内にある「おがの若者センター」の一室が、2022年4月、誰でもリモートワークができるコワーキングスペースとして生まれ変わりました。この機会にコワーキングスペースを使っていただき、施設のPRにご協力ください!

公園内にはキャンプ場などもあり、窓からは秩父の山々が一望できる。

ご利用後は、感想やご要望をアンケートにてお応えいただくようご協力お願いします。このみどりの村をワーケーションの地としてもっと行きたくなるようなアイディアも、ぜひ教えてください!こんなイベントをやったら面白そうなど、仕事以外の利用方法も考えていただけたらと思います。
※詳しい利用方法などは案内人からご説明いたします。

楽しみ方いろいろ!『TENJIKU小鹿野』の過ごし方

小鹿野で過ごす時間は、旅人にとってきっとかけがえのない時間になるはずです。TENJIKUはお一人で何度でもご利用いただけます(1回あたり2〜5泊)ので、ぜひいろんな楽しみ方を味わってみてください!

たとえば、『TENJIKU小鹿野』の近くには『クリオステーブル』という本物のカウボーイがいる牧場があります。馬と人の信頼関係をつくれる場所として知られ、ホースセラピーをはじめとした “馬との暮らし” を体感できます。乗馬体験などもあるので、自然と動物との生活を考えるキッカケにしてみては?

『TENJIKU小鹿野』から〜で車で10分ほどの両神エリアまで足を伸ばせば、『道の駅 両神温泉薬師の湯』でリフレッシュしたり、『クライミングパーク神怡舘』でクライミング体験を楽しんだり、両神山で登山をしたり。小鹿野の観光も目一杯お楽しみください!

道の駅 両神温泉薬師の湯

日本百名山にも選ばれている両神山

ロッククライミングのメッカ・二子山を目指して多くのクライマーが訪れることもあり、一般の方も気軽にボルダリングができる施設が生まれました。

町内は各施設にWi−Fi環境が整いつつあるので、滞在中にシゴトをすることもできます。豊かな自然に囲まれているので、ワーケーションとしてもおすすめの地域です。

他にも、サゴジョブで交流した地元の方々に、ローカルな楽しみ方を教えてもらえるかもしれません。ぜひあなただけの楽しみ方/自分に合った滞在の形を見つけてみてください!

野球場やテニスコートなど気軽にスポーツができる場所も整っています。

小鹿野町名物「わらじカツ」

『TENJIKU小鹿野』のご利用方法

「TENJIKU小鹿野を利用したい」という方は、マイページのプロフィールをすべて記入した上で、応募時に次の情報をご記入ください。

  • 氏名(フルネーム/漢字)
  • 滞在希望日(2〜5泊以内)
  • 滞在人数(1組8名まで)
  • やってみたい地域のシゴト(サゴジョブ)の内容
    →本文内「サゴジョブ ①〜④」参照。複数可
  • 小鹿野町滞在への気持ち(任意)

その後、滞在までの流れは次の通りです。

<応募後の流れ>

① 日程など、ご利用の可否のご連絡 <SAGOJO → 旅人>
 →ご利用いただける場合は日程の確定

② 事前面談(オンライン)を実施 <SAGOJO & 旅人>

③【当日】旅へ出発! TENJIKUへ滞在しながらサゴジョブを実施 <旅人>

※SAGOJOからのご連絡は、すべてSAGOJOのチャット機能にてお送りいたします。

地域と旅人が手を取り合って生まれる、新しい旅の形を

『TENJIKU』は、旅人と地域、双方の「善意の気持ち」を中心に成り立っています。風の人(旅人)と土の人(地元の方)がお互いの立場を尊重し、手を取り合うことで、地域はもっと盛り上がり、旅人は今までにない新しい体験を得られるーー。SAGOJOがその善意を媒介する存在になれればと考えています。

『TENJIKU小鹿野』は、まだ生まれたばかりの場所です。旅人が地域と関わりながら実りある時間を過ごせる拠点となるよう、ぜひあなたの力を貸してください。たくさんのご応募をお待ちしています!

さあ、旅に出てみませんか?

募集概要
シゴト内容 ・TENJIKU小鹿野に滞在しながら、簡単な地域のお手伝い(サゴジョブ)を実施
・実施するサゴジョブは旅人の希望のほか、地域からも適宜依頼が届きます。現地案内人と相談の上、実施できそうなものを無理のない範囲で選びお取り組みください
・サゴジョブは 2〜4時間/日 を目安としますが、ご希望や日程により変動します
リターン(報酬) TENJIKU小鹿野への無料宿泊
その他リターン ・初回は2〜5泊まで(2回目以降は1ヶ月まで)
・地域の方々との交流体験 ※1組8名まで利用可
※現地までの交通費や現地での滞在費は、各自でご負担ください
応募資格 ・地域の方とコミュニケーションをとり、良好な関係を築いていただける方
・「地域へ貢献すること」に積極的な方 ※あなたができる範囲内、小さなことでも構いません
募集人数 1〜100人
旅の期間 いつでも ※日程の空きがある場合に限る
エリア 関東甲信地方 埼玉県
企業名 株式会社SAGOJO
その他 ・現地までの交通費や現地での滞在費は、各自でご負担ください
・現地で「報酬の発生するシゴト」の依頼があった場合、条件等に合意があれば実施可能ですが、必ず事前にSAGOJO運営までご連絡ください。お支払いはSAGOJO経由になります
・プロフィールの入力率や応募内容等により地域とマッチングしづらいと判断される場合には、ご利用いただけない場合があります
・旅行保険に加入していることがご利用の条件となります。現地を訪問する前には必ずご自身でご加入の上、ご参加ください
※リターンは、税込金額になります

応募の流れ

  1. 1
    応募締め切り
    2023年02月28日
  2. 2
    選出された方へ連絡
    応募の中から選出された方には、締切日から2週間以内にご連絡いたします。場合によっては、正式アサイン前に面談が発生することがあります。
  3. 3
    シゴトの準備
    SAGOJO担当者と一緒に、シゴト実施に向けた準備・調整をおこないます。
  4. 4
    旅がシゴトに!
    実際に旅をして、シゴトを実行していただきます。
応募画面へ進む

現在21人が応募済みです

現在21人が応募済みです

担当者さまから一言

小鹿野町へのアクセスは都心から電車で2時間ほど。東京から少し足を伸ばせば豊かな自然や里山風景が広がっており、ワーケーションやテレワークの場としてもぴったりです。
“観光旅行”にとどまらない、地域密着型の滞在をお楽しみください!

カテゴリ

TENJIKU

会社名

株式会社SAGOJO

金額

TENJIKU小鹿野への無料宿泊

物

他リターンあり

応募画面へ進む

現在21人が応募済みです