ホーム > シゴト > 【TENJIKU種子島】「地域のお手伝い」を通して町と関わるディープな旅をしませんか?

募集終了

募集終了まで0

【TENJIKU種子島】「地域のお手伝い」を通して町と関わるディープな旅をしませんか?

※TENJIKU種子島は8月末まで旅人の滞在を見送っております。滞在をご希望の方は、9月以降の日程でご応募ください。

今後のコロナウイルスの感染状況によっては、急遽ご利用不可となる可能性がありますこと、あらかじめご了承くださいませ。

鹿児島港から高速船で約1時間半。鹿児島本土と屋久島の間に位置する「種子島」は、コバルトブルーの美しい海を楽しめる人気の旅先のひとつ。日本最大級の宇宙センターがあることでも知られ、ロケットが打ち上がる日には多くの観光客が見学に訪れます。

そんな鹿児島県・種子島(中種子町)に、SAGOJOの新しい拠点『TENJIKU種子島』が誕生しました! 今までにない新しい「旅 × シゴト」体験を通して、町と深く関わるようなディープな旅を体験してみませんか?

“まちのお手伝い体験” を通して地域と深く関わる。SAGOJOの新提案『TENJIKU』とは

SAGOJOが提供する『TENJIKU(テンジク)』では、旅人が地域のお手伝い(=サゴジョブ)をすることによって無料で宿泊(2泊〜)できる新しい旅のスタイルを提案しています。

サゴジョブは1日あたり2〜4時間と、旅の自由な時間もしっかり確保。「旅行者・お客さん」ではなく、地域の方々と同じ目線(=地域の一員)として滞在する、新しい旅体験をお届けしています!

▷『TENJIKU』の詳しい説明はこちら

憧れの島暮らしを体験できる『TENJIKU種子島』

『TENJIKU種子島』は、中種子町にあるチャレンジ拠点『YOKANA(ヨカナ)』とSAGOJOがコラボして誕生した空間です。

『YOKANA』は、東京から移住し地域おこし協力隊として活躍するご夫婦(湯目知史さん・湯目由華さん)が2021年8月にオープンしたゲストハウスです。「挑戦するあなたを応援する場所をつくりたい」という2人の熱い想いによって誕生しました。

湯目夫妻と島民の皆さんが協力し、DIYで場作りを進めてきました。

1Fには、レンタルキッチン、カフェスペース、コワーキングスペース、プレイルーム、アトリエがあり、地域の中で挑戦してみたい活動を実践し、自らのスキルをレベルアップできるような空間になっています。

この場を利用したチャレンジは、旅人だけでなく地元の方々からも生まれます。誰もが新しい一歩を踏み出せる “チャレンジ拠点” として、人と人がつながり、一緒にアイデアを出しあったりすることで、地域との関係を深めていくことができる場です。

「広い場を持つ資金はないけど、お店を出してみたい」という人が時間単位でレンタルできるキッチン。

キッチンで販売するメニューを食べてくつろげるスペース。地元の方々との交流も楽しめます。

コンセントやWi-Fiが完備されており、ワーケーションの場としても快適に過ごせます。

TENJIKU種子島では、男女共用ドミトリーへの宿泊となります。1組1名まで滞在できるので、ぜひご家族やご友人と一緒にご利用ください!

手づくりで温かみのある二段ベッドでぐっすりとお休みください。

種子島の魅力といえば、なんと言っても大自然。コバルトブルーの美しい海や一面に広がるさとうきび畑・マングローブなど、ここでしか見られない絶景が至るところに広がっています。

ハイシーズンには観光客でにぎわう『熊野海岸』。徒歩圏内に温泉もある。

うっそうと生い茂るマングローブも、種子島ならではの景色。

宇宙センターから眺める天の川。

また、『君の名は。』で知られる新海誠監督の映画『秒速5センチメートル』の舞台になったことや、全国の自治体で初めて「ヨガの聖地」として認定を受けるなど、いま種子島は多方面で注目を集めています。

種子島の穏やかな雰囲気の中、さまざまな “ここだけの魅力” を味わいながら、地域の方々とも心を通わせる時間をお楽しみください。

さとうきび畑が広がる通学路

現地では、案内人の湯目由華さん・湯目知史さんが、あなたの滞在をサポートします。

チャレンジ拠点『YOKANA』(TENJIKU種子島)
■ 住所:鹿児島県熊毛郡中種子町野間5184-25
■ HP:https://www.facebook.com/tanegashima.YOKANA/
■ アクセス:
・種子島空港からバスで「栄町」降車後、徒歩1分 or レンタカーで約25分
・種子島西之表港からバスで「栄町」降車後、徒歩1分 or レンタカーで約35分

地域のお手伝い(サゴジョブ)in 種子島 <簡単にできる旅人の役割>

『TENJIKU種子島』に滞在する旅人には、同時にライトな地域のお手伝い(サゴジョブ)に取り組んでいただきます。サゴジョブはご希望の内容を応募時にご記入ください。

現地では案内人の湯目ご夫妻にサポートしていただけます。滞在中には適宜さまざまな依頼が発生することがありますが、楽しみながら無理なく実施できそうな内容にご協力いただくイメージです。

サゴジョブ① チャレンジ拠点『YOKANA』のお手伝い

島民の皆さんとのDIYで藍染めをしている様子。

『YOKANA』にて、お掃除や接客など日々の業務のお手伝い(2〜3時間程度を想定)や、イベント開催時の運営サポートとしてあなたの力を貸してくれませんか?

『YOKANA』はまだまだオープンしたばかり。新しい取り組みが積極的に行われていますので、柔軟に多方面で運営にご協力いただければと思います。SNSやブログで宿泊の様子をPRしてくださる方も大歓迎です!

サゴジョブ② 種子島の魅力をPR(SNS・ブログなど)

嵐の夜に海に投げ出された夫婦の生まれ変わりという伝説のある、雌龍雄龍の岩。

滞在中にあなたが見つけた「種子島の魅力」を、写真や文章でたくさん発信してください!
SNSやブログなど、あなたが得意な方法で構いません。人・まち・文化・自然はもちろん、地元の人も気づいていない種子島の新しい魅力を発見し、PRしてくれませんか?

TENJIKUのSNSアカウント(Instagram/Twitterなど)で公開する投稿も作成していただけたらと考えています。

サゴジョブ③ まちのお手伝い全般(空き家改修など)

中種子町のまちの人々からお願いが届いたとき、あなたが活躍できそうだと思ったら、どんなことでも構いません、力を貸してくれませんか?

例えば、移住者を増やしていくために空き家を改修するプロジェクトが今後進行していく予定です。ものづくりやDIYに興味がある方はぜひに力を貸してもらえればと思います。

普通では決して体験できない「地域との接点」が生まれるTENJIKU。地域の方とたくさんコミュニケーションをとりながら、あなたが楽しんで取り組めそうな内容をお選びください!

サゴジョブ④ あなたの特技を披露してください!

『TENJIKU種子島』から徒歩数分のところに、『コアストリート』というまちのコミュニティスペース(コワーキング・市民本棚・キッズエリア・イベントスペースなど)があります。ここもサゴジョブの舞台のひとつ。

この空間で、あなたの得意なことや特技があればぜひ発揮してください!
例えば、何かパフォーマンスできる方であれば、地元の方々向けにイベントを開催していただくことも可能です(例:歌、マジック、講義・勉強会など)。

内容・タイミングによっては難しいこともあるかもしれませんが、現地案内人を中心に、実施に向けて検討させていただきます。ぜひあなたの特技で種子島を盛り上げてください!

応募方法/応募後の流れ

「TENJIKU種子島を利用したい!」という方は、マイページのプロフィールをすべて記入した上で、応募時に次の情報をご記入ください。

  • 氏名(フルネーム/漢字)
  • 滞在希望日(初回は2〜5泊以内。2回目以降は1ヶ月まで可)
  • 滞在人数(2名まで)
  • やってみたい地域のシゴト(サゴジョブ)の内容
    →本文内「サゴジョブ ①〜④」参照。複数可
  • 種子島滞在への気持ち(任意)

その後、滞在までの流れは次の通りとなります。

<応募後の流れ>
① 日程など、ご利用の可否のご連絡 <SAGOJO → 旅人>
 →ご利用いただける場合は日程の確定
② 事前面談(オンライン)を実施 <SAGOJO & 旅人>
③【当日】旅へ出発! TENJIKUへ滞在しながらサゴジョブを実施 <旅人>
※SAGOJOからのご連絡は、すべてSAGOJOのチャット機能にてお送りいたします。

「地域へ貢献しながら」という新しい旅へ出かけよう!

夕陽も朝日も最高の景色を眺められるのが島の魅力のひとつ。

『TENJIKU』のコンセプトは、旅人と地域、双方の「善意の気持ち」を中心に成り立っています。
風の人(旅人)と土の人(地元の方)がお互いの立場を尊重し、手を取り合うことで、地域はもっと盛り上がり、旅人は今までにない新しい体験や気づきを得られるーー。SAGOJOがその善意を媒介する存在になれればと考えています。

現在11拠点にて展開するTENJIKUは、今後少しずつ拠点数を増やしていく予定です。いずれは、全国47都道府県のどこを訪れても、地域と密に関われて気軽に滞在できる拠点がある状態へ。SAGOJOとしても新しいチャレンジですが、ぜひ一緒にそんな世界観を実現していけたらと思います。

地域を「旅×シゴト」する第一歩へ踏み出す、あなたからのご応募をお待ちしています!

さあ、旅に出てみませんか?

募集概要
シゴト内容 ・TENJIKU種子島に滞在しながら、簡単な地域のシゴト(サゴジョブ)を実施
・実施するサゴジョブは旅人の希望のほか、地域からも適宜依頼が届きます。現地案内人と相談の上、実施できそうなものを無理のない範囲で選びお取り組みください
・サゴジョブは 2〜4時間/日 を目安としますが、ご希望や日程により変動します
リターン(報酬) TENJIKU種子島への無料宿泊
その他リターン ・初回は2〜5泊まで(2回目以降は1ヶ月まで)
・地域の方々との交流体験
※1組1名まで利用可
※ 現地までの交通費や現地での滞在費は、各自でご負担ください
応募資格 ・地域の方とコミュニケーションをとり、良好な関係を築いていただける方
・「地域の役に立つ」ことに積極的な方 ※あなたができる範囲内、小さなことでも構いません
募集人数 1〜100人
旅の期間 いつでも ※日程の空きがある場合に限る
エリア 九州地方 鹿児島県
企業名 株式会社SAGOJO
その他 ・現地までの交通費や現地での滞在費は、各自でご負担ください
・現地で「報酬の発生するシゴト」の依頼があった場合、条件等に合意があれば実施可能ですが、必ず事前にSAGOJO運営までご連絡ください。お支払いはSAGOJO経由になります
・プロフィールの入力率や応募内容等により地域とマッチングしづらいと判断される場合には、ご利用いただけない場合があります
・旅行保険に加入していることがご利用の条件となります。現地を訪問する前には必ずご自身でご加入の上、ご参加ください
※リターンは、税込金額になります

応募の流れ

  1. 1
    応募締め切り
    2022年09月30日
  2. 2
    選出された方へ連絡
    応募の中から選出された方には、締切日から2週間以内にご連絡いたします。場合によっては、正式アサイン前に面談が発生することがあります。
  3. 3
    シゴトの準備
    SAGOJO担当者と一緒に、シゴト実施に向けた準備・調整をおこないます。
  4. 4
    旅がシゴトに!
    実際に旅をして、シゴトを実行していただきます。

担当者さまから一言

鉄砲伝来をはじめ、古の頃より国内外問わず文化や人々を受け入れてきた種子島。
そんな島の中心地にある商店街で、あなたの個性を存分に発揮してみてください!
(TENJIKU種子島案内人・湯目知史 / 湯目由華)

カテゴリ

TENJIKU

会社名

株式会社SAGOJO

金額

TENJIKU種子島への無料宿泊

物

他リターンあり