ホーム > シゴト > 公認会計士・税理士限定の旅人募集!? 会計メディア『Kaikeizine』で記事を書いてみませんか?

募集中

募集終了まで 14 298 view

公認会計士・税理士限定の旅人募集!? 会計メディア『Kaikeizine』で記事を書いてみませんか?

「近代会計学の父」と呼ばれるルカ・パチョーリ(1445年 - 1517年)の肖像画。イタリアの数学者で修道僧でもあった。 

お客様の中に公認会計士・税理士の方はいらっしゃいますか?

公認会計士・税理士の皆さん、旅立ちのときが来ましたよ…!

今回旅人を募集するのは、「会計人に今必要な情報を」と銘打ち、難しくなりがちな税金・会計ニュースをわかりやすく読みやすい切り口で伝える会計メディアの『KaikeiZine』。世界を回りながら、各国の会計士や税理士に会って、世界の「会計人」のリアルな生活や税金の仕組みについてレポートしてくれる旅人を募集することになりました。

でも今回の旅人の募集は「公認会計士・税理士限定」。さらに海外で取材 or これまでの旅の経験から記事を執筆できる方じゃないといけません。

そんな人いるんだろうか。不安な気持ちを胸に、公認会計士・税理士の転職を支援する株式会社レックスアドバイザーズ内にある『KaikeiZine』編集部に行ってきました。

公認会計士は30歳あたりで旅人になる?

―公認会計士でも長期の旅行をする人って、いるんですか?

宮口:
意外に思うかもしれないけど、公認会計士は30歳あたりでふらっと海外に行ってしまう人、多いよ。3ヶ月とか半年とか、普通に行っちゃう。

宮口貴志
税金・会計ニュースを他では読めない切り口で伝えるメディア「KaikeiZine」の編集長。税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長で、現在は租税調査研究会の事務局長の傍ら、会計事務所ウオッチャーとしても活動。好きな旅行先は山陰・中国地方。

―仕事、辞めちゃっても大丈夫なんですか?

宮口:
公認会計士って資格持ってるから、仕事辞めても戻りやすいんだよ。サラリーマンになっちゃうと一回辞めるのってすごい勇気がいることじゃない。自分で技術持ってるとか資格持ってる人というのはかなり動きやすいよね。

松原:
世界一周する会計士、調べるとほんと、意外といますよね。ブログなんかも検索するとちょこちょこ見つかります。もう旅から戻って来ちゃった人とかブログを更新しなくなっちゃった人とかも多いですけど。

松原絢穂
バリバリの営業職を経験後、女性が長く活躍できる職場を求めてREXアドバザーズに転職。男性主体の会計業界にメスをいれるべく奮闘中。好きな旅行先は軽井沢。

宮口:
以前転職コンサルタントとして、世界一周してきた会計士の方と面接したことがあるんだけど、面白い方だったよ。長期の旅とか世界一周とかの経験って、会計士の転職の際にはむしろプラスに働くことも多いはず。

―旅の経験が転職にプラスに?

樋口:
公認会計士・税理士の人って、優秀なのですが一方で、あまり社交的でない方も少なくないようです。その点、長期の旅をしてきたような方だと採用先にそのバイタリティとか積極性を評価されて仕事が決まりやすい、ということは実際にある気がします。

樋口智大
広告・印刷・翻訳・web制作業を経て公認会計士・税理士・経理・財務専門の転職エージェントREXアドバイザーズへ。『KaikeiZine』編集部を引っ張るエースだが、会計の知識はなし。好きな旅行先は恐山。

―真面目な方の多い会計士ならではの話ですね(笑)

会計人のやりがいってなんだろう

宮口:
公認会計士って、試験に受かっても資格を正式に得るためには監査法人や企業で2年以上間の実務経験を積んで、さらに修了考査に受かる必要があるんだよ。

資格を取得して、そこから監査法人の中で3〜4人のチームのリーダーとしてプロジェクトを回せるようになるのに、さらに2、3年。大学在学中に試験に合格して卒業と同時に就職できる人はむしろ少数派だから、その時点でだいたい30歳手前になってる。

その頃になると、監査業務もある程度分かってくるので、新鮮さを求めて転職したり、キャリアを考えなおす人が多いね。

―税理士や会計士など、いわゆる会計人の方ってどういう動機で旅に出るものなんでしょうか? というかそれ以前に、会計人のやりがいってなんなのでしょうか。

樋口:
会計人のやりがいって、なんなんでしょうね…?

宮口:
「もっとやりがいのある仕事がしたい」と言って転職していく人も多いからね。最近は会計人も、スタートアップ企業に行ったり、色んなところに活躍の場があるから一概には言えないけど、転職者の話を総合すると、「会計人としての専門性を生かし、人に喜んでもらえる仕事ができる」ってことだと思うよ。将来、こんな会計人になりたいという強い目標があり、そのためのスキルアップのために転職する人も多い。中には、年収下がっても新たな専門分野に挑戦する人も見かけるしね。

―会計人って高給で、なれば安泰、みたいなことを言われることもありますが、現実には成長志向の人が多いんですね。

世界の会計士と会って、『KaikeiZine』に新しい風を入れてほしい

樋口:
今回の募集では、会計人の旅人の方に、海外で働く現地の会計人に会って来てほしいと思っています。だから、それを楽しめる人、コミュニケーションが好きな会計人の方に応募してもらえたらいいですね。

KaikeiZineはまだ始まったばかりのメディアで、固めの記事が多いのですが、旅人の方と一緒に「世界の会計人の事務所訪問、お宅訪問」とか「世界のスーパー会計士」みたいな企画をやれたら、メディアにも幅が出ていいかな、と思っています。会計人のキャリアを支援するREXアドバイザーズとしても、世界中の色々なキャリアを持っている会計人、色々な働き方をする会計人の方に登場していただけるといいですね。

できればいろんな地域を旅して、色々な会計人に会ってもらえる方だとありがたいですね。

宮口:
ひとくちに海外の会計人と言っても、西欧圏以外だと、どんな職場で働いていて、どんな暮らしてるのかというのも日本の会計士は知らないからね。中央アジアとか共産圏とかアフリカとか。

19世紀末、サンフランシスコで働く中国人会計士の仕事風景(1892)

松原:
共産圏とか中央アジアの会計人がどんな感じで仕事をしているのか、気になりますね。各国の会計事情を日本と比較するというのも面白そうです。税の仕組みも違いますし。

それから先ほどの話とつながりますが、会計人で長期の旅をする方の中には、会計人の仕事のやりがいが見えなくなった、いわゆる自分探しの場合もあるのかなと思っていて。だから、旅をしながら自分のキャリアを振り返りつつ、どうして自分は公認会計士になって、これからどういう仕事をしていくのか、ということを考え直してもらって、それを記事として書いてもらうというのもアリかなと思っています。

色々な国の会計人に会いながら旅をしていくうちに、あらためて会計人のやりがいに気づいて、それでポジティブに転職に向かってくれる、みたいなことになるとすごく美しいですよね。

樋口:
旅をして会計人の仕事よりもっとやりがいがあるもの、見つけちゃうかもしれませんけど(笑)

ベルギーの会計風景 Photo: foam / CC BY-SA

税金の話も経理の話も、もっと身近にしたい―『KaikeiZine』とは?

―最後に、会計メディアとして、『KaikeiZine』が目指すところを教えてください。

宮口:
まず会計人に読んでもらうところがスタートだけど、もっと広げていきたい。実は今、世の中で税金や会計に関わらないことって、ほとんどないからね。

たとえばKaikeiZineでは車や服、食事が経費になるかという話も載せているんだけど、意外と何でも会計に関わってくる。そういうのをちゃんと見直していくと、面白い話が転がっているはずだと思っているんだよ。

日本って、税金の話題が普通の人にとってあまり身近じゃない国なんだよね。

―税金が身近じゃないって、どういうことですか?

樋口:
日本だとサラリーマンは確定申告しなくていいじゃないですか。アメリカだったらサラリーマンも確定申告するのが普通だけど、日本は自分でやらないから関心を持たないというのはあると思います。

宮口:
アメリカだと年末調整がないので、はやく申告するとはやく還付金が返ってくるんだよ。医療費なんかも含めて戻ってくる。

日本は税金のことは企業が面倒みろ、という話になっているんだけど、日本みたいに会社が個人の代わりに税金を代わりに収めるという国はじつは珍しいんだよ。税金については個人が考えなくていいようになっているんだよね。

だからKaikeiZineでは、日本では難しいと思われがちで、関心の低い税金や会計の話をわかりやすく、面白く伝えられたらと思っているんだよ。最初の読者は税金や会計に関わる人が中心でも、一般の人にも読んでもらえるようなメディアにしていきたいね。

文・写真:スガタカシ

さあ、旅に出てみませんか?

募集概要
シゴト内容 『KaikeiZine』の旅企画の取材、撮影、執筆
リターン(報酬) ¥ 10,000 〜 ¥ 12,000 /本
応募資格 ・公認会計士または税理士の資格をお持ちの方
・記事執筆、写真撮影のできる方
募集人数 1人
旅の期間 いつでも
エリア 世界どこでも
企業名 株式会社レックスアドバイザーズ
その他

応募の流れ

  1. 1
    応募締め切り
    2017年10月31日
  2. 2
    選出された方へ連絡
    応募の中から選出された方には、締切日から2週間以内にご連絡いたします。
  3. 3
    面接へ進む
    SAGOJO・企業と面接させていただきます。
  4. 4
    旅がシゴトに!
    実際に旅をして、シゴトを実行していただきます。

現在1人がお気に入り登録済み

応募画面へ進む

現在2人が応募済みです

現在2人が応募済みです

担当者さまから一言

世界各地の公認会計士に会いに行っていただける公認会計士の方、ご応募お待ちしております!

カテゴリ

記事執筆

会社名

株式会社レックスアドバイザーズ

金額

10,000 〜 ¥ 12,000 /本

応募画面へ進む

現在2人が応募済みです