ホーム > すごい旅研究所 > ご当地グルメから絶景まで、過ごし方いろいろ。『帰宿穏坐』を拠点に楽しむ埼玉県 寄居町【大人旅編】

<特集>ラボたま×SAGOJOプロジェクト

2024-02-09

ご当地グルメから絶景まで、過ごし方いろいろ。『帰宿穏坐』を拠点に楽しむ埼玉県 寄居町【大人旅編】

埼玉県の北西部にある「寄居町」は、県外の方にとってはあまり馴染みのない地名かもしれません。かつては宿場町として栄えた寄居町は、いわゆる「THE 観光地」というわけではありませんが、実はローカルな魅力がたくさん詰まった知る人ぞ知る癒しのスポットなのです。

そんな寄居町を舞台に、地域デザインラボさいたまとSAGOJOが “空き家の新しい利活用を考えるシリーズ” を連載中。旅人が寄居町の空き家を活用した宿『帰宿穏坐(きしゅくおんざ)』に宿泊しながら、寄居町のおすすめスポットを「大人旅向け」「ファミリー向け」に分けてお届けします。

それでは、まずは「大人旅向け」のおすすめスポットからどうぞ!

▷「埼玉県 寄居町特集」の一覧はこちら

①『帰宿穏坐』で過ごす大人旅

空き家コーディネーターとして活躍中の大田 幸子さんがプロデュースする一棟貸し宿『帰宿穏坐』は、寄居町の西部・折原地区にあります。宿の周囲には畑や川といった日本の原風景的なのどかな景色が広がり、ここに滞在するだけで心身ともにリフレッシュできるような環境が魅力です。

宿の間取りはキッチン、リビング、ベッドルーム、和室ととても広く、リビングにはガラス張りのサンルームからの光が降り注ぎます。大人数での宿泊はもちろんのこと、一人静かに時を過ごしたい方や、いつもとは違う環境でお仕事に集中したい時にワーケーションの場として利用するのもおすすめです。

寄居町には魅力的なスポットがたくさんあり、お出かけするのも楽しいのですが、『帰宿穏坐』は素敵な建物なので、おこもりステイにも最適です。広いキッチンでワイワイ料理を作ってのお食事会や、気の置けない仲間と杯を重ねて語り合う夜も良いですね。

<帰宿穏坐>
住所:埼玉県大里郡寄居町折原865
公式HP:https://www.instagram.com/onza2022/?hl=ja

② 寄居町の新スポット「泊まれるオーガニックレストラン mujaqui」

泊まれるオーガニックレストラン『mujaqui(ムジャキ)』は、2022年に寄居町出身のオーナーさんが地域活性化のためにオープンさせた、今注目のスポットです。

築100年の和菓子屋さん跡をリノベーションして作られた建物内には、イタリアンレストラン、物販コーナー、ゲストハウス(宿泊施設・4部屋)が併設されています。

レストランでは地元産の野菜を中心に、オーガニック食材を使った体に嬉しいお料理をいただけます。料理の味付けは素材を活かすため、シンプルにすることを心掛けているそう。今回はランチセットをいただきましたが、盛り付けが美しく、どれも美味しかったです。(特にビーガン仕様のバーニャカウダが絶品でした!)

日常の慌ただしさから離れてゆったりとした時間を過ごせるよう、宿泊部屋にはテレビが置かれていないため、デジタルデトックスをしたい方にもおすすめです。また、物販コーナーにはスタッフが厳選した食材や調味料が並んでおり、眺めているだけでも楽しくなるラインナップです。

寄居町で美味しいものを食べ、のんびりと滞在したい方はぜひ『mujaqui』へ足を運んでみてください!

<泊まれるオーガニックレストランmujaqui>
住所:埼玉県大里郡寄居町寄居908
公式HP:https://mujaqui.jp/

③ 寄居町のご当地グルメ「豚ホルモン」

かつて寄居町には屠畜場があり、その名残として豚食文化が根付いています。街中にはタレカツ丼屋さんや、自家製のソーセージやハムを販売するお店、豚肉の味噌漬けを販売する精肉店などが並びます。

そんな豚食文化が盛んな寄居町の中でも、特におすすめしたいのが「豚ホルモン」。町内には豚のカシラ肉やホルモンの味噌漬けを食べられる飲食店が数多くあり、どのお店ももちろん美味しいんです! 寄居町を訪れたなら、豚ホルモンを食べて帰るのはマストですよ。

寄居のご当地グルメ・豚ホルモンを昔ながらの懐かしい雰囲気が漂う飲食店でいただけば、旅情も高まること間違いなし!

他にも、寄居町では豚ホルモンの串焼きを「やきとり」と呼びますが、豚肉の「やきとり」と言えば、同じ埼玉県内にある東松山市のご当地グルメとして有名ですよね。実はそのルーツは寄居町にあったのです。

「やきとり」を食べつつ、旅の小話としてぜひ同行者の方に披露してみてください。

④ 静かな湖畔で絶景を楽しむ「円良田湖」

円良田湖(つぶらたこ)は、寄居町と美里町にまたがるダム湖です。ヘラブナやワカサギなどの釣り場として、休日は釣り好きな人たちで賑わいを見せます。風のない日には凪いだ湖面に周囲の山々がリフレクションし、静かで美しい景観を楽しめ、絶景が好きな方にもおすすめしたいスポットのひとつです。

春には湖の周囲に植えられた約1,500本のソメイヨシノが咲き誇り、秋には紅葉した木々と湖とのコントラストが素晴らしく、いつの季節に訪れてもホッと一息つける場所です。平日は人も少なく、ひっそりとしているので、一人でゆっくりと考え事をしたい時に行くのがいいかも。

湖面の浮き橋を歩いていると、釣り人さんたちが「足元気をつけてね!」と声をかけてくれました。優しい釣り人さんたちと仲良くなって、釣りを教えてもらうのも楽しいかも!?

<円良田湖>
住所:埼玉県大里郡寄居町末野2155
公式HP:https://yorii-kanko.jp/tuburatako.html

⑤ 神社仏閣巡り好き必見! 七福神巡り

寄居町内の五ヶ寺には「武州寄居(ぶしゅうよりい)七福神」という、福の神として信仰されている七体の神様の御像が祀られています。武州寄居七福神はどの御像もとても大きく、見応えがあります。

御朱印集めが趣味の方は、御像が祀られているそれぞれのお寺で御朱印をいただきつつ、五ヶ寺巡りをするのも良いですね。

現在、御像が祀られているのは「長昌寺」「常楽寺」「常光寺」「極楽寺」「蓮光寺」の五ヶ寺です。参拝時に運良くご住職が在寺だった際には、寄居七福神のことや仏教のことなど、ちょっとした法話をお願いしてみてはいかがでしょうか。(現在はご住職不在のお寺もありますので、事前に確認のうえ訪れてください)

<武州寄居七福神>
公式HP:https://yorii-kanko.jp/7fuku.html

⑥ 寄居町で綺麗な夜景を見たいなら「中間平緑地公園展望デッキ」へ

寄居町の夜景スポットと言えばここ、「中間平(ちゅうげんだいら)緑地公園展望デッキ」。標高約370mの小高い山の上にある展望デッキは、寄居町内をはじめとし、お天気の良い日にはスカイツリーや筑波山、男体山まで見渡せるビュースポットです。

展望デッキにはベンチやテーブル、お手洗いも設置されているので、ゆっくりと夜景観賞を楽しめますよ。

キラキラと輝く夜景も良いですが、日没直後から空が暗くなるまでのマジックアワーの時間帯もとびきりロマンチック。日中寄居町で遊んだ後は、中間平展望デッキからの絶景を眺めて、一日を締めくくってみてはいかがでしょうか。

また、人工の光がほとんどない展望デッキ周辺では、綺麗な星空が見られます。目の前に広がる夜景と満天の星は贅沢な眺めで、大人の夜景デートにもおすすめです。

なお、展望デッキ周辺には民家がほとんどなく、ひっそりとしているので、女性ひとりでお出かけする場合は十分に注意してください。

<中間平緑地公園展望デッキ>
住所:埼玉県大里郡寄居町秋山655−95
公式HP:https://www.town.yorii.saitama.jp/map/cyuugendaira-map.html

次回は「家族連れにおすすめのスポット」をご紹介します!

空き家をリノベーションした宿『帰宿穏坐』への宿泊と寄居町のおすすめスポット、大人旅編をお届けいたしました。

旅行中に訪れた場所はもちろん思い出に残りますが、実はどんなお宿に泊まるのかも旅の重要なポイントになります。旅先の疲れを癒せる心地よい空間『帰宿穏坐』で一夜を過ごせば、きっとまたたくさんお出かけしたくなるはず。

寄居町 大人旅編につづく次回は、ファミリー向けのおすすめスポットをご紹介します。お楽しみに!

移住・空き家に関するお問い合わせ

寄居町への移住に興味のある方は寄居町役場へお気軽にご相談ください。
▷寄居町へ移住・定住を考えている方へ(寄居町役場公式)

空き家に関するご相談についても、お気軽にお問い合わせください。
▷空き家専門の相談窓口「アキカツカウンター」

ライター:SAGOJO編集部

『すごい旅研究所』の記事制作を手がける編集チーム。「旅 × シゴト」を目指すすべての旅人に役立つ情報をお届けします。

この記事のタグ

SAGOJOをフォローする

フォローして新着のシゴト情報をゲット!