ホーム > すごい旅研究所 > 【まなそびてらこ×SAGOJO】オンライン無料プログラム 〜石川県白山市の持続可能性を考える〜

SAGOJOスクール

2021-10-29

【まなそびてらこ×SAGOJO】オンライン無料プログラム 〜石川県白山市の持続可能性を考える〜

旅にはたくさんの学びが詰まっています。“かわいい子には旅をさせよ” ということわざがあるように、自分の子どもに普段味わえないような体験を与えることで、価値観や視野を広げ主体的に行動する子に育ってほしいと思う方もいるのではないでしょうか?

今回は、「学び」と「遊び」の境界線をなくすことを目指す『まなそびてらこ』「未来創造ジェネレーター認定制度」とSAGOJOがコラボ。石川県 白山市(はくさんし)を舞台に、地域の方も巻き込みながら、小学校高学年~高校3年生を対象としたオンラインプログラム(無料)を実施します! 

「今と未来を面白がり、未来を創る1人となる」オンラインプログラムを開催!

今回のプログラムでは、SDGsを地域の中と外から考える探究ワークをはじめ、学びを自分のために変化させる脳の使い方を、子どもたちが主体となって身に付けていきます。

全国から集まる学生と一緒に自分の未来を想像し、新たな創造を作っていくプログラム。お子さんにいつもと違った体験を与えてみませんか?

こんな考え方を持った学生におすすめです。※今回の対象者は小学校高学年~高校3年生となります。

  • 未来創造に興味がある人
  • まだ見たことのないものを楽しんでみたい人
  • 自分を見つけてみたい人
  • 地域とつながりたい人
  • 自分の知らないSDGsを体感したい人
  • 自分が何者かを確かめてみたい人
  • 探究に興味のある人

兄弟・姉妹での参加は可能ですが、『まなそびてらこ』では子どもたちの主体性を大切にしているため、保護者同伴の参加は不可となっています。子どもたちの成長を温かい目で見守りましょう!

※プログラムを進めていく中で、手助けが必要な場合はサポートに入っていただいて構いません。

地域 × 未来創造ジェネレーター認定制度

プログラムは3日に分けて行われ、以下のワークに取り組んでいきます。全行程オンラインで完結するプログラムです。

  • ドラえもんワーク ~想像が未来を創る〜
  • 実際の社会課題とSDGsと未来解決方法を創造する
  • 「未来を想像し創造する1人になるためのファーストステップ」

1日目(11/3) ドラえもんワーク ~想像が未来を創る〜

事前に送付するSDGs×未来思考カードとワークシート事前に送付するSDGs × 未来思考カードとワークシート

  • 自分を知るワーク/3日分の流れと認定制度についての説明
  • 脳のクセとアタリマエとSDGs
  • 未来を想像するドラえもんワーク & グループ共有
  • 今と未来[SDGsとシンギュラリティ]
  • SDGs × 未来思考カードで未来創造を体感する & グループワーク
  • 振り返り & 次回へ

参加者には事前にご入力いただいた住所に、“SDGs × 未来思考カード” 及びワークシートを送付いたします。手元にあるカードを使いながら説明に沿ってワークを行っていきます。グループワークではZoomのブレイクアウトルーム機能を使用して各チームに分かれる予定です。

1日目から2日目の間に、地域を体感してもらうための地域想像キット(今回は観光庁の補助により特別バージョン)がご自宅に配送されます。キットを体感してワークシートに記載しましょう。

また、ご登録いただいたSNS宛に、2日目のための事前学習動画をお送りしますので、1日目に体験したことを元に、動画とワークシート(初日までに送付予定)にて深めておいてください。所用時間は60~90分程度です。

2日目(11/6)実際の社会課題とSDGsと未来解決方法を創造する

  • 今日の流れ/自己紹介/地域想像キットの感想の共有(グループ)
  • 1日目の復習と共有(グループ)
  • コトとモノの内と外を感じる/課題発見(個人&グループ)/共有
  • 近い未来と課題解決(グループ)
  • 地域と私とあなた × SDGsとシンギュラリティ
    (白山市の持続可能な未来をテーマを意識して、多様な視点から考えよう)
  • グループ発表・今後について

2日目は白山市の方もワークに参加します。普段関わることのない地域の方と交流することで、地域を身近に感じましょう。

2日目から3日目の間は、認定へ向けて「未来創造ジェネレーターワーク」を言語化してみてください。2日目で気がついた切り口についての「気づき」と「創造」を集める時間となります。

3日目(日程未定)「未来を想像し創造する1人になるためのファーストステップ」

  • 今日の流れ/「気づき」と「創造」のシェア
  • 「未来創造ジェネレーターワーク」を仲間にやってみる
  • 今回のテーマをもとに未来創造ジェネレーターワークを行い発表
  • 認定の会と今後のことについて/雑談セッション

3日目の実施日は、参加者の予定に合わせ後日調整を行う予定です。認定時には認定者用キットとして、認定証と認定カードを送付! 認定されると下記の特典が付与されます。

  • 認定証/未来創造ジェネレーター認定カード
  • 未来創造ジェネレーターoutput冊子
  • 様々なビジネスや社会情報に関するアップデートの機会
  • ご協力いただいている斎藤和紀氏の直接ワークショップ 等

学び × 遊びを生み出す『まなそびてらこ』とは

『まなそびてらこ』のコンセプトは、“今と未来を面白がり自分と社会のために未来を創る1人となる”。

現在、中学3年生で取締役社長の佐藤 夢奏(さとうゆめか)さんが小学校6年生のときに、学び × 遊びを生み出すサードプレイスとして『まなそびてらこ』を創業しました。

自分の未来を創るための学びとして、これからの新しい未来での生き方を感じ考える新しいキャリア概念や自分をメタ認知する機会を提供する「子ども記者クラブ」、今と未来を面白がり創る1人となるための小中高生プロジェクト「未来創造ジェネレーター認定制度」をはじめとした、子どもが作る子どものためのサードプレイスを展開。

気づきと行動・内省と葛藤・インプットとアウトプットを大切にしたプログラムを開催しています。「多様性の種から可能性の花を咲かせる」ために、誰もが自分の居場所だと思える場所を目指しており、自らが本当に楽しめる世の中を一緒に創る仲間を募集しています。

「未来創造ジェネレーター認定制度」とは

小中高校生の持つ感覚を大切にした「未来」を意識した『まなそびてらこ』のプロジェクト「未来創造ジェネレーター認定制度」。学生が自分と共に未来を生きるメンバーのために、未来を面白がりながら探究し、メンバーと共に生み出していく場を創出しています。

資格認定で一番大切にしているポイントは、子どもたちが今を思考し未来を楽しみ創造し続ける原動力を仲間同士で認め合い、一緒に未来を創る一歩を踏み出すこと。

決して誰かが決めた正解を覚え、その誰かに認定してもらうのではなく、そこに参加する子どもたち同士が「ありのままの自分の持つ未来への原動力」を認め合う、新しい認定のカタチを目指しています。

認定された「未来創造ジェネレーター」には、SDGs × 未来思考カードや認定証、認定カード等を贈呈。また、一緒に動き出すことができる仲間とのサードプレイス(学校と家庭以外の場)への参加が可能となります。

世界の最先端情報に触れ、カードを使って思考し、未来を想像 & 創造し、それを多様な方法で伝える。様々な未来を創るための気づきの場を提供しつづけ、今と未来を面白がり、自分と社会のために、未来を創る1人となれるようサポートをします。

運営メンバー紹介

プロジェクトの講師を務めるのは、まなそびてらこ取締役社長であり中学3年生の佐藤 夢奏さんと、まなそびてらこ代表取締役のさとうりささん。

参加者と同年代の佐藤 夢奏さんが講師を行うことで、同じ目線で物事を捉えられ、子どもたちが今から未来を創る仲間になることを目指しています。



佐藤夢奏|株式会社まなそびてらこ取締役社長/千代田区立麹町中学校3年生/未来創造ジェネレーター

小学3年生から同世代の子どもと共に活動をスタートさせ、小学6年生の時に母娘起業。同世代と共に未来を作る当事者となることを目標に、たくさんの人の生き方を探究するためのサードプレイス・学びの場を創っている。多様な生き方に触れることで、誰もが今と未来を楽しめるような種を共に見つけ、共に咲かせる場所を実体験をもとに創り続けている。
登壇出演等:ForebsJapan/BS12夢らぼ/テレビ東京WBS/J-WAVE等。


さとうりさ|株式会社まなそびてらこ代表取締役/一般社団法人子育てマイスター協会代表理事/HappyFood代表

慶応義塾大学総合政策学部卒。学生時代より、人や組織に関する研究に携わる。大手メーカー人事、外資系人事組織教育系コンサルティング会社を経て独立。自己肯定感や非認知能力、探究学習、STEAM、キャリア教育等、最前線で取材・研究を重ねつつ、教育 × 子ども × 人財 × 事業開発 × 地域 × 食等の柔軟な掛け合わせにおいて、コンサルタントとして活動する一方、自らも事業を行う。様々な新規事業開発や人財 & 組織開発、食に関わる事業開発、教育事業、マーケティング事業等を行う。

市全域がジオパーク! 自然豊かな石川県 白山市

白山市全域に流れる一級河川「手取川」白山市全域に流れる一級河川「手取川」

2日目のプログラムでは、SAGOJOがかねてから「教育 × 観光」のテーマで地域活性化に取り組む石川県 白山市の地域の方も参加し、一緒に白山市の持続可能な未来について考えるワークを行います。

県内最大の面積を誇る白山市は石川県の南部に位置し、金沢市に次いで2番目に人口が多い地域です。「住みよさランキング2019(東洋経済編集部)」では総合評価全国1位を獲得。石川県と岐阜県にまたがる標高2,702mの「霊峰白山」、約8kmにわたって続く「手取峡谷」、日本の渚百選に選ばれた「小舞子海岸」をはじめとした自然豊かな景観は、全域が「白山手取川ジオパーク」として日本ジオパークに認定されています。

2020年6月には日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間(北前船寄港地・船主集落)」にも追加認定されました。名産品には、奇跡の発酵食品「ふぐの卵巣の糠漬け」、五箇山地方で昔から伝わる「堅豆腐」、白山の名水を使用した「白山菊酒」などがあります。

プログラム概要

日程 1日目:2021年11月3日(水)18:00〜20:00
2日目:11月6日(土)14:00〜16:00
3日目:参加者の予定に合わせ後日調整
申込締切 2021年11月1日(月)23:59
開催場所 オンライン/Zoom(全日程オンラインにて完結するプログラムです)
参加費用 無料(今回は観光庁既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業の認定事業として実施)
定員 先着20名様+先着を超えた場合には抽選となります
対象者 小学校高学年~高校3年生
※兄弟・姉妹での参加は可能ですが『まなそびてらこ』では、子どもたちの主体性を尊重しているため、保護者同伴の参加は不可となります。
※プログラムを進めていく中で手助けが必要な際はサポートに入ってもらって大丈夫です。
運営 主催:ホワイトリングバス、共催:株式会社SAGOJO、後援:白山市観光連盟
企画運営&問い合わせ先/資格認定機関:株式会社まなそびてらこ

応募方法/応募後の流れ

本プログラムは、先着20名様の募集です。※先着を超えた場合には抽選となります。

プログラムへの参加をご希望の方は、「未来創造ジェネレーター認定制度特設ページ」の内容をご確認いただき、申し込みフォームより必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。

<申込方法>
「未来創造ジェネレーター認定制度特設ページ」の募集内容を確認
「お申し込みはこちら」のフォームより必要事項をご記入のうえ送信
・応募期限:2021年11月1日(月)23:59
・応募状況により早期終了の場合あり
・申込者多数の場合は抽選となります
・お申込みのアドレスに『まなそびてらこ』からご案内をお送りします

地域 × 学びで子どもの成長を支えませんか?

SDGsや地域に目を向けることで、これからの未来を一緒に創造する仲間たちと出会えるプログラムです。地域 × 学びを通して自主的に子どもの考える力を伸ばすことで、価値観や視野も広がっていきます。「今と未来を面白がり、未来を創る1人となる」ことで、仲間と共に自分の生きる未来に種をまく1人になりませんか?

プログラムに興味を持っていただける熱量ある学生からのご応募をお待ちしています!
 

『まなそびてらこ』のページへ
※申込み期限:11/1(月)23:59

ライター:SAGOJO編集部

『すごい旅研究所』の記事制作を手がける編集チーム。「旅 × シゴト」を目指すすべての旅人に役立つ情報をお届けします。

この記事のタグ

SAGOJOをフォローする

フォローして新着のシゴト情報をゲット!